« クリック365の取引までの流れ(1) | トップページ | 韓国語のスピードラーニング »

2011年11月17日 (木)

コラーゲンペプチド

海洋性コラーゲンの普及などにより、さらにコラーゲンに対する関心が高まってきた近年、コラーゲンもより細分化されるようになりました。
そして、その中では、コラーゲンをより吸収しやすいようにと、ひと工夫を施したコラーゲンも生まれました。
それが、コラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンペプタイドとも呼ばれていますが、その中身はコラーゲンの分解、低分子化を行ったものです。
つまり、コラーゲンの加工製品ということですね。
その加工の背景には、コラーゲンの構造上の欠点があります。

コラーゲンは、アミノ酸が鎖状になって螺旋状に巻きついた構造になっています。
そして、このままの形状では体内に摂取する際にやや難があるという研究結果が出ていました。
それを改善するために、低分子化によって分子量を小さくし、吸収しやすく加工したのがコラーゲンペプチドなのです。

コラーゲンペプチドのメリットは、吸収率の高さが第一に挙げられますが、実はそれだけではありません。
コラーゲン製品として、より多くの製品を生み出すきっかけにもなりました。
元々、コラーゲンは冷却するとゲル化してしまうという性質があり、これが製品開発の妨げとなっていました。
ですが、コラーゲンペプチドはその現象が起こらず、低温でも形を保持するので、商品加工という点で大きく可能性を広げました。
その恩恵によって誕生したのが、コラーゲンドリンクです。
コラーゲンドリンクは、従来のコラーゲンの性質では商品化できなかったのですが、コラーゲンペプチドの誕生によってドリンク化に成功したのです。

ネ ットワークビジネス成功への近道 こんな人は成功できない!ネットワークビジネス! 成功者になって、今の時代に必要な複数の収入を得る! インターネットで成功!ネットワークビジネスで稼ぐ 誘えない人ほど成功する!?MLMとは

« クリック365の取引までの流れ(1) | トップページ | 韓国語のスピードラーニング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1588221/43044798

この記事へのトラックバック一覧です: コラーゲンペプチド:

« クリック365の取引までの流れ(1) | トップページ | 韓国語のスピードラーニング »